和歌山県の白浜は温泉も観光も楽しめます

和歌山県の白浜は、古くは持統天皇や斉明天皇も訪れたといわれる歴史のある温泉地です。

兵庫県の有馬・愛媛県の道後と並び、日本3大古泉のひとつともいわれています。泉質はホテルや旅館・共同浴場にもよりますが食塩泉・炭酸泉・重曹泉です。いずれも弱アルカリ性からアルカリ性のお湯であることが特徴で、とろりとしたなめらかなお湯は美肌の湯として知られています。白浜の魅力は、温泉だけでなく様々な観光が楽しめることです。

仲間や家族と行くならアドベンチャーワールドやエネルギーランドなどのテーマパークで遊んだり、海中展望塔(コーラルプリンセス)や海底観光船(グラスボート)で海をのぞくのも楽しいでしょう。夏なら海岸沿いに沿って真っ白な砂が広がる白良浜で、南国ムードを感じながら海水浴をするのもおすすめです。カップルや夫婦で行くなら、海に向かって岩畳が広がる千畳敷や断崖絶壁の三段壁を見学すると良いでしょう。大自然の雄大な景観に圧倒されるはずです。白浜のシンボルともいえる円月島は、波の浸食によってできた美しい形をした岩で、有名な写真スポットとなっています。

昼間も良いですが、夕方は特にロマンチックな風景になるのでおすすめです。観光よりも温泉が良いという方は、湯めぐりをしてみてはいかがでしょうか。白浜には主に6つの共同浴場が点在しています。日本書紀や万葉集にも登場する牟禮の湯、円月島を眺めながら入れる松の湯、太平洋がまさに目の前に広がる埼の湯などが人気です。温泉も観光も楽しめる白浜へ、旅をしに出かけてみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *