岡山から高速バスで大阪への日帰り旅行は最適です

倉敷駅北口を3時50分に出発する大阪方面行きの高速バスは、岡山駅西口を4時30分に乗車扱いで立ち寄った後、高速道路を経由し難波に7時35分に、終点のUSJには8時20分にそれぞれ到着します。

早朝の時間帯は高速道路の渋滞は事故でも起こらない限りほぼ考えられないため、概ね定刻どおりに到着するため、日帰り旅行には最適です。USJが8時半以降に開園する場合には、この高速バスを利用する事で開園から閉園まで満喫する事が可能です。

帰りについては岡山方面の最終便が難波22時45分出発ですが、USJが21時閉園とした場合、この難波というのがOCATを意味し電車で1時間あれば十分に到着します。最終の高速バスで岡山方面に帰ると、到着時刻が岡山駅2時15分、倉敷駅3時となっているためほぼ丸一日外出にはなりますが便利です。

USJへ行かない場合は丸一日あれば大阪の街をある程度散策でき、どういう場所であるかというのが良く分かります。個人旅行としても最適ですが、早朝便と最終便の利用は修学旅行や社員旅行での大阪を下見する場合にも最適な方法です。

この高速バスの運賃は大阪と倉敷の場合で往復6300円となっており大変お得です。4列シートのため通路側の座席の方が通路に足を伸ばせるため若干広く感じる事ができます。

原則としてトイレは車内についてますが所要時間が4時間程度のため、往復共途中で1回開放休憩があり、サービスエリアの売店は24時間営業の場合が多く、その地区のお土産が販売されている点も嬉しいポイントとなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *