大阪発の高速バスについて

大阪発の高速バスは、関西地方の中心都市ということも合って西へ東へと様々な方面に発着しています。

中でも最も需要が高いのが大阪ー東京間の高速バスです。新幹線の最終便に間に合わなかった人でも夜10時頃に発射する深夜バスに乗車すれば、翌日早朝には東京に到着すると合って圧倒的な需要を誇っています。

この路線はドル箱路線と言われており、最近では高級志向が強まっています。4列席の深夜バスではたしかに安いものの体が疲れてしまって、翌日の仕事に支障をきたしてしまいます。ところが、高級志向の深夜バスでは値段は高いものの一つのバスに12人程度と空間を広く撮っていて高級な椅子に座って寝ているだけで東京に付いてしまいます。

そのためか、体もそれほど疲れを感じることなく、翌日からいつもどおり仕事をすることができると合ってビジネスマンの間では高評価を得ている高速バスなのです。

大阪発のバスは九州や四国、そして東海地方や本数は少ないものの東北までバスが発着していて多くの需要があります。特に、近場の四国方面行きのバスは費用も安く、コストパフォーマンスが最高なので、電車よりもバスのほうが好まれる傾向が強いです。

大阪のような大都市を発着する高速バスは、多くの乗客を見込めることも合って本数も多いのが特徴です。今後も電車との競合路線は本数の拡大が図られる見通しで、安価で便利な庶民の足として発展をすることが今後も予想されているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *