九州で日帰りスノーボード

いよいよゲレンデシーズンが近づいてまいりました。

今回は九州発の日帰りスノーボードについて書きます。九州から日帰りでスノーボードの旅行に行こうと思えば空路と陸路二つありますが、安く収めようと思うならばやっぱり陸路です。陸路でいくと中国地方にいいスキー場がたくさんあります。特に広島県北部と鳥取県にあります。高速を使う、または新幹線で主要駅まで出たあと高速バスで目的地まで行くという方法がありますが、スキーで疲れてそのあと運転をするのはかなり辛いです。

日帰りでスノーボードに行くなら、やはり公共交通機関を使った方が間違えがないです。ツアー会社そのようなスノーボードツアーがあったりするのでそのようなツアーに申し込むのも一つの手です最近ではコンビニで簡単に申し込みや支払いができるようになっていますので、気軽にスキーに行くことができます。

さて、九州から行くならオススメのスキー場は、広島県北部の芸北にいいスキー場が点在しています。宿泊施設はあまりありませんので、地域の民宿になります。スキー場によってはロッジやホテルがあったりもしますので、よく調べておくことをお勧めします。

鳥取県の大山も大きなスキー場があります。大山は人気のスキー場なのでかなり混雑しますが、施設の規模も大きいため十分楽しむことができます。都市としても発展しているので宿泊施設も点在しており、きちんとスケジュールを組めば宿泊することもできます。九州からだと4時間~5時間で到着することができるので、朝早く起きても行きのバスの中で十分睡眠を取れば、スキーを満喫することができるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *