日帰りでスノボに行くときの持ち物

日帰りでスノボに行くときに必要な持ち物と、持っていくと便利な物があります。

まず、ボードやブーツ、ビンディング、ウェア、ゴーグル、グローブなどは必須の持ち物ですが、レンタルが可能な場合もあります。また、リーシュコードはボードをレンタルすると付いてきますが、単品のレンタルは不可で、ゲレンデによっては、リーシュコードがないとリフトに乗れない場合があるので注意が必要です。そして、衣類関連の持ち物もいろいろあります。まず、ゲレンデで滑るときにニット帽は必須ですが、レンタル可能なところもあります。

ニット帽には頭を守る役割があり、耳まで隠れるため防寒にもなります。そして、保温機能が優れているインナーウェアや、防寒具として、フリースやトレーナー、パーカーなどもスノボをするときに必要です。それから、ウェアのパンツの中に着こむジャージやタイツも必要で、靴下はほぼ確実に濡れるため、厚手のものを用意するほうがよいです。さらに替えの下着も用意しておくと安心です。スノボに行くときは、行き帰りの着替えが必要ですが、日帰りの場合はウェアのままでもよいかもしれないです。

ウェアのままだと恥ずかしい方は、着替えを持参するとよいです。それから日帰りでスノボに行くときに、持っていくと便利なものもいくつかあります。まず、首周りに巻くネックウォーマーは、防寒対策として持っていくと便利です。そして、特に女性の方は日焼け対策として、スノボ用のフェイスマスクも必要で、ゲレンデで吹雪いているときは重宝します。それから、リフト券入れもあったほうが便利ですが、簡易的なものであれば現地で購入することもできます。さらに、小さな防水スプレーやゴーグルの曇り止め、ワックスも持っていくと便利です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *