大阪夜行バス睡眠時の腰痛対策に簡単ストレッチを

お得な料金で移動ができる大阪夜行バスは助かりますが、同じ姿勢で長い時間を過ごすのは腰への負担が気になるかもしれません。

腰痛持ちの人であれば特にそうですが、大阪の夜行バスを利用するにあたり、腰ができるだけ痛くならない、安眠できる方法をマスターしておくことです。寝ている時の姿勢を楽にするためにも、座席と背もたれのつなぎ目の所に、クッションを置くようにします。すると座席に腰から背中部分が上手く密着をするので、かなり眠る際の姿勢が楽です。クッションはかなり重宝をするアイテムであり、シートと首の隙間部分に当てると、首や頭が痛くなりやすい事を予防できます。

痛み軽減効果が起こる理由は、頭の部分がクッションでキチンと固定をされるためです。でもクッションは持っていけないと言うなら、ダウンやコートを丸めて、クッションのように使うこともできます。簡単なストレッチをしてから、大阪夜行バスでの眠りに入るのも腰痛対策の一つです。

背筋を伸ばして片足は組み、自分の膝を抱えて上半身へと惹きつけます。ヒップからももへの筋肉が、膝を立てることで伸びていることを感じての簡単ストレッチです。ヒップの筋肉は冷えることでも固くなりますが、冷えは腰痛を招くことにもなりますので、両足のストレッチをします。長い時間同じ姿勢でいるとヒップは冷えるので、軽く両手を使い円を描くイメージでマッサージをすることです。眠る前のすぐできるストレッチで、睡眠時の腰痛を感じない良い眠りへと入ります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *