新幹線を逃しても大阪発の夜行バスなら翌日間に合う

大阪最終の新幹線をのがしてしまったというビジネスマンの声をしばしば耳にすることがあります。

こうなってしまったらどうするかということになりますが、意外と夜行バスの利用に切り替えるという方がおおいということに驚かされます。ビジネスマンの利用でおおいのが、今人気を集めているラグジュアリーなタイプのバスです。乗車料金も一人あたり1万円と高額ではありますが、新幹線よりも安く、それでいて翌朝には東京に到着しているので、そのまま出社するタフなサラリーマンがとても多いのです。大阪最終の新幹線を逃してしまうと、翌朝1番の新幹線でも間に合わないということが多々あります。

その時に便利なのが、新幹線の最終を逃してもまだ間に合う夜行バスの存在です。最近では、ラグジュアリーの需要の高まりとともに、拡大を続けているので、夜行バスに対するイメージも改善しました。大阪発東京行きの夜子バスは、ドル箱と言われるほどビジネスマンの利用が多く、ぎりぎりの時間にホテル滞在をやめてバスに切り替えを行う人も少なくないことから、多くの需要を見込むことができるのです。

高級路線では二列シートが当たり前なので、ゆったりと横になりながら東京を目指すことができます。リクライニングも思う存分倒すことができるので、体を楽にして横になることが可能なほど十分なスペースを確保しています。椅子も高級志向であることから、クッションの優れたものを浸かっているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *