可愛い家族の一員ペットは東京大阪高速バス利用は不可

癒しを求める時代ですから多くの家庭では、犬や猫にあらゆる動物を買う傾向にあります。

一緒に住み食事を与えて毎日顔を合わせるだけに、愛情はさらにわきますし立派な家族の一員です。そんな動物を東京大阪高速バスでの旅で、一緒に連れて行きたいと考えるかもしれません。大型犬などではないなら良いだろうと考えるかもしれないですし、乗車券を動物の分も買えば乗れる気もします。アンサーとしては東京大阪高速バス利用時、種類を問うことなくペットをバスにのせることはできません。

乗客が座る座席ではなく、トランクを入れる場所なら良いのではと考えますが、トランクルームに荷物と一緒に入れることもできないです。各バス停に乗車をする短距離移動ではなく、東京大阪高速バスは長時間を前提にサービスを提供しています。長い時間狭い車内に動物を閉じ込めておくことは、ペットにとって大きなストレスになるばかりです。またほかの乗客も乗車をしていますので、鳴き声やニオイなども迷惑になりますし、粗相をしてしまうこともあります。

大きいか小さいかのサイズ的なものでもなく、犬か猫かとか鳥や爬虫類などの種類を差しているわけでもありません。基本的にバスの旅で利用ができるのは人間だけであり、家族同様のペットはお家でお留守番です。もしくは誰かに頼んでみてもらうことで解決するので、家族や知り合いに頼んだり、ペットシッターをお願いしたり、ペットホテルに預けるなどの対処をします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *