中部および関西地区の夏の楽しみナガシマプールの魅力

気温32度を超える猛暑日が観測されるようになった夏は、やはり涼を得るためにプールで過ごすのが一番です。

市民プールに入るのもよいですが、長い夏休みの楽しみを最高のものにしたいのであれば大型商業施設のプールを利用するのが一番です。その大型商業施設のプールで、中部地区そして関西地区で老舗として人気になっているのが三重県にあるナガシマです。ナガシマは三重県長島市にある遊園地で、中部地区と関西地区のちょうど中間に位置するので双方からアクセスが可能という立地をしています。

元々はナガシマは温泉施設として始まったのですが、その立地条件の良さを見出した創業者が温泉と宿泊施設だけでなく年齢問わずに楽しめる場所にするという目的で遊園地を開設したのです。そんなナガシマプールの魅力なのは、まず近くに海があるのでそこから水を持ち運んで巨大ろ過を装置を通して流すことで清潔な海水を使っていることです。

それによって施設内にいながら、本当の海で楽しんでいるような雰囲気を味わうことができます。もちろんきれいな海水で泳げるだけでなく真水もありますが、その真水を使ったものは基本的にウォータースライダーなどの設備に利用されています。

日本で一番高いところから落ちる滑り台だけでなく、ジェットコースターのように水を対流させることで特注の浮き輪に乗ってスリルを楽しむ設備やボート乗りにとって理想の波を再現したものまで取り揃えています。このように水で遊ぶということを極限まで作り上げたことで、ナガシマは夏の楽しみとして中部と関西の人々に親しまれているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *